群馬からの便り―前橋シルクスポット№3

高知SGGの皆さん、お元気ですか。
前橋のシルクスポット資料No.3を作りましたので添付で送ります。
前回と同じ藩営前橋製糸所についてですが、創業の地からすぐに
量産のため移動になり大渡製糸所と呼ばれていました。


前橋シルク産業遺産(No.3) (Maebashi Silk Industry Heritage No.3)
藩営前橋製糸所 (Maebashi Domain-run silk mill)
明治3年5月に細ヶ沢(現住吉町)創業した前橋製糸所は、早くも同年9月には大渡(現岩神町)に移され、動力に風呂川の水力を使い本格的な器械製糸工場として稼働を始めました。一方、富岡製糸場の動力は石炭による蒸気エンジンが使われました。そして前橋製糸所は明治5年7月に官営となり県に移管されました。前回の写真は住吉町に建っている石碑ものですが、今回は岩神町の石碑と風呂川の写真を掲載しました。隣には風呂川が流れています。

Maebashi domain-run silk mill that started production in May,1870 was relocated from Hosogasawa(now Sumiyoshi-cho) to Owatari(now Iwagami-cho) in Sep. 1870. And it re-started mass production as a full-scale factory using water power from a near river. On the other hand a steam engine was used at Tomioka silk mill. Finally Maebashi silk mill was nationalized under the Maiji government in 1872 and operated by Gunma prefecture. I carried a picture of the stone monument erected at Sumiyoshi-cho at the last report. This time I attach a picture of that erected at Iwagami-cho and a picture of Furo-river on the left side.

前橋3-1 (373x500)

by M山

comment

Secre

facebookもチェック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
FC2カウンター
最新記事
今日の天気
最新コメント
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
リンク