創業元禄初年(1688年)四国一の老舗 西川屋

1527912913236.jpg

通勤電車から、毎日眺めている知寄町1丁目にある、お菓子屋さん「西川屋」の創業元禄初年の文字が気になっていました。そこで、赤岡本店と資料館の「西川屋おりじん」を訪ねてきました。
1527912936874.jpg

西川屋は山内一豊公の土佐入国(1601年)より、御用商人として、素麺、麩、菓子の製造を始め、同年創作菓子「梅不し」、「ケンピ」を製造し、藩主に献上していました。

元禄初年(1688年)参勤交代の初宿場であった、赤岡に店舗を構えたそうです。その地に店舗及び資料館があります。(土・日のみ)
入り口には幡「養老の滝」があり出迎えてくれます。
1527912975395.jpg

店舗の庭を進むと優雅な茶室があります。
1527912958678.jpg

河田小龍の楠正成公の絵画や、何故か、朝鮮王朝の王妃閔妃のお抱え書家の書など、美術品も多く展示されています。
1527915110454.jpg

300年の風雪、震災にも耐えた建物に歴史を感じます。
1527915127616.jpg

2階の資料室には土佐藩よりの注文書と御用箱が展示されています。(その他、古文書など多数展示されています。)
1527915068130.jpg

最後に、土佐藩主の御用達の「山の薯饅頭」・・最高級の大和芋と白隠元を材料に、その伝承を受け継ぐ「山の薯饅頭」を復刻。第九代西川屋再平(亀松)の焼印あり。と抹茶セット500円をおいしくいただきました。
1527913006705.jpg

赤岡本店と現在の知寄町本店と、両方にお邪魔し、お話をお聞きしました。とても丁寧に教えていただきました。(知寄町は、御用商人として、藩主から松ヶ鼻に家、屋敷を賜ったことによります。)

もっと高知を知ろう会 M井

comment

Secre

No title

びっくり!
正に掘り出し物の観光スポット。
外国の観光客が喜んでくれそうな場所ですね。
私も一度訪ねてみます❗

No title

おっと、西と東に神出鬼没のMr.M.
そうなんです、赤岡本店は、そうなんです。詳細なレポート、ありがとうございます。

お店の奥に、落語の寄席があります

高知出身の落語家さんや、英語落語もありで、大笑いしました。

赤岡は、レトロ満載、おらが町。
facebookもチェック
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アルバム
FC2カウンター
最新記事
今日の天気
最新コメント
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
リンク