FC2ブログ

ちょい寄りの国分寺

待ち時間を利用して、高須より車で20分ほど、朝の国分寺をおとずれました。

image001.jpg

自転車の方は若い外国人、自転車は自国から輸送したらしいです。

image002.jpg

image003.jpg

下は自動で鐘を撞く装置らしいです。ここでも人手不足が深刻だ。知らなかったなあ。お遍路さんに教えてもらいました。
image004.jpg

image005.jpg

image006.jpg

image007.jpg

image008.jpg

image009.jpg

断酒なんて、私にできるでしょうか? 結構、皆さんお悩みのようですね。
image010.jpg

瓦に着いた苔と白壁がいいですね。
image011.jpg

image012.jpg

見事な造形美、いやー、絵になります。
image013.jpg

image014.jpg

image015.jpg

image016.jpg

おかげさまで綺麗になります。
image017.jpg

おみくじ、英語もありかな?
image018.jpg

image019.jpg

image020.jpg

朝の小一時間、あわただしく、アッシー君は国分寺を後にしました。

comment

Secre

土佐のまほろば

国分寺は、設立当時は、今の何倍もの広さがあり、多くの僧侶が修行していたそうです。
国分寺周辺は、国府跡などの歴史遺産も多く、国分寺のご住職と話した際、紀貫之記念館を整備し、奈良の山の辺の道のように、「土佐のまほろばの道」として売り出してはと思いました。
私も以前、国分寺とその周りの写真を定点で、四季織り織りの写真を撮っていたことがありました。
国分寺の周りは、冬にはそばの花が咲き、早春には菜の花、春から秋にかけては、稲穂が緑から黄金色に変化し、実に美しく移り変わっていきます。
ただ、国分寺を囲む樹々は、時を経ても変わらず、青々と生い茂り、周りの景色が移り行く中、ずっと変わらない佇まいを見せています。
変わるものと変わらないもの、人の世を象徴しているような気がします。
facebookもチェック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アルバム
FC2カウンター
最新記事
今日の天気
最新コメント
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
リンク