スウェーデンからのお客様の通訳

革細工のワークショップ、base works さんからの依頼で、
スウェーデンからの一家の通訳をしました。

大栃から奥に入った、物部町大西という所で、
自宅から1時間半で着くはずが、分岐を見逃し、
途中で気づいて引き返したため、2時間近くかかって到着
base works

築80年の古民家をリノベーションした快適な空間の工房で、
経営する勝見さんご夫妻がていねいに教えてくれます。

しばらくしてお客さんが到着。
スウェーデン人の夫婦と息子さん、娘さんの4人です。
全員きれいな英語を話すので一安心。

財布、スマホケースなど作るものと、
革の色を決めて取り掛かります。
日本人の先客2人が隣で靴を作っています。
全景

工程はざっと言って、型紙制作⇒型紙に合わせて革を切断
⇒糸通し穴開け⇒縫い合わせ の順
これは、ナイフで革を切っているところ。
カット

糸通し用の穴のマーキング
穴あけ

いろんな道具を使います。
道具

見慣れない機械もいろいろあります。
機械

勝見さんの奥さんの手料理で、
付近の山菜をふんだんに使った贅沢なお昼をいただきます。

一日がかりで、目的のものを完成。庭でくつろぎます。
ニワトリが5-6羽放し飼いになっている。犬とも仲良し。
庭

ワークショップをもっと長期間受けたいということで、
話し合いの場では通訳の出番です。
そんなこんなで、私にとっても楽しい一日になりました。

手作りの味のある作品が思ったより簡単にできます。
機会があれば、皆さんも革細工に挑戦してみてはどうでしょう。

base works さんのHPはこちらです
https://www.baseworks.org/kochi-class

担当:K藤 でした

comment

Secre

Exciting!

東京、新宿近くの代々木上原と山深い大栃という、対局にあるロケーションで靴作りをしているのが、不思議な気がします。欧米の方が好みそうな、滞在型の観光にもなりそうですね。高知の新たなスポットを紹介いただきありがとうございます。

No title

遠いところをお疲れ様でした。

日常を離れた空間という感じのワーク工房ですね。

私も行ってみたいです。

勝見さんからお礼のメールが来ました。
facebookもチェック
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
FC2カウンター
最新記事
今日の天気
最新コメント
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
リンク