FC2ブログ

加賀百万石と辰巳用水

平成から令和へのゴールデンウィークですが、姪の婚礼があり金沢に行ってきました。
ついでに、兼六園、金沢城なども訪れましたが、国内外の観光客のすさまじい勢いを感じました。

今回のメインテーマは、加賀百万石と辰巳用水です。
金沢城、兼六園は高台にあり、水利に乏しく飲料水や防火用水にも苦しんでいました。
金沢城下の犀川はずっと低い位置にあり、取水が困難でした。そこで、3代藩主前田利長は町人の板屋兵四郎に用水工事を命じました。
城から8キロメートル上流の標高100メートル地点に取水口を作り、3キロメートルのトンネルを掘り、標高54メートルの兼六園と金沢城に逆サイホン方式により水を供給しました。(逆サイホンとは、一旦11.4m石川門(標高42.4m)へ下り、再びその水圧を利用し8m揚げて、二の丸(標高50.2m)へ水をあげるという、近世最高水準の技術)

これが、江戸時代に作られた、兼六園にある日本最古の噴水です。(高低差を利用したものです)

DSC00080_convert_20190430115840.jpg

この豊かな水が、辰巳用水により、金沢城下をめぐり、300年以上前に8千ヘクタールの水田を潤しました。
江戸時代後期の農民1人当たりの米の年間生産高は、加賀藩が筆頭で2石に対し、尾張藩は0.8石で2倍以上の生産となりました。
加賀100万石は、土木技術と農民の努力の賜物です。

また、秀吉の天下統一により、大阪に人口集中し、米不足となり、加賀藩から毎年10万石の米を送るため、初めて蔵屋敷が出来ました。
幕末、江戸に集まる米が100万石に対し、大阪には180万石が集まり、そのうち120万石が北陸・出羽の米でした。

DSC00077_convert_20190430120105.jpg

続いて、兼六園に隣接する金沢城の正面石川門(重文)です。実は裏口門です。
DSC00091_convert_20190430120018.jpg

城内には、数か所に観光案内所が整備され、オシャレなカフェもあり、観光施設が洗練されています。
DSC00100_convert_20190430120225.jpg

また、様々な建造物が再建されています。これは、2015年に復元された、3代藩主前田利常の庭園「玉泉院丸庭園」です。
DSC00109_convert_20190430120303.jpg

インスタ映えする、金沢和傘も武士の筋力を鍛錬する目的もあり奨励されました。
DSC00063_convert_20190430120424.jpg

高知城も、鉄門や、乾櫓などが再建出来ればと思った次第です。

余談ですが、台湾で最も知られ、教科書にも出ている日本人、金沢出身の土木技師八田與一氏は、1930年に10年かけ、台湾に東洋一の烏山頭ダムを完成させました。そのダムは、辰巳用水と同じく、3キロメートルのトンネルを掘り、上流から水を引き、台湾南部の嘉南平野(香川県の広さ)を灌漑し、一大穀倉地帯となりました。

BY M井

まさGのつっこみ劇場 vol9


トルソ? (座ってみたい腰掛ですね)


まさ5 (640x427)


more...

まさGのつっこみ劇場 vol8

阿弥陀くじ的配線!! (お見事です)

まさ4 (640x425)


まさGのつっこみ劇場 vol 7

一人は必ずいるね

まさ2 (640x410)

トリプル・クロス記念切手

4月24日、日本郵便より「路面電車の走るまち」の記念フレーム切手が発売されました。
はりまや交差点のトリプル・クロスが大きく出ています。
定価1,300円、発行部数1,000部となっています。

実は私、幼稚園の頃より切手収集しており、世界中の切手をアルバムに、切手の背景の説明書きを記入して収集しています。


路面電車切手

この写真は、デンテツターミナルビル前からで3両の電車が、一瞬重なっています。
トリプル6_convert_20190426204216

By 切手収集家のM井

5月水曜英語勉強会

IMG_4590.jpg th.jpg IMG_4581.jpg

     高知SGG 会員の皆様いつもお世話になっております。

     <五月勉強会予定日> 
     5月15日  TJ さん
     5月22日  Naomi さん
     5月29日 自主勉強会

     令和元年は、15日より勉強会が始まります。
     令和も宜しくお願いします。

     水曜英語勉強会 徳橋順子

まさGのつっこみ劇場 vol6

あおり運転だな!!

あおり (640x410)

高知城ガイドに朗報!!待望の倉庫が設置されました!

DSC_0352 (640x360)

高知城のトイレの東に会員待望の倉庫が設置されました。パチパチ
M田さん、S本さん、色々お骨折りありがとうございました。

DSC_0353 (253x450)

早速パンフなどを入れてみました。
みんなで大切に使って行きましょう。

karilyn

平成31年度高知SGG総会が無事に終了しました。

昨日、4月21日午前10時より高知職業能力開発センターで行いましたSGG総会は、O島議長のスムーズな運営で執り行われ、時間通り無事終了致しました。
総会終了の締めの挨拶は、次の時代に相応しく、M井副会長が令和を身体で表現して頂きまして、ありがとうございました。
私もこのネタはどこかで使わせて頂きます。

P1030867.jpg

P1030876.jpg

P1030877.jpg


いよいよ平成も最後の第4コーナーを周り、ラスト200mの直線を鞭を打ちながら、追い込みを掛けている所となりました。

広報部からは、ゴールデンウィーク明けより、各部の抱負と題して各部長さんには今年度の抱負を語ってもらいますので、何卒ご協力の程を宜しくお願い致します。会報誌の発行を6月末を目途に発行する準備を致します。

By こかちゃん

4月中国語部会

IMG_4526.jpg

中国語部4月の勉強会の予定を
お知らせいたします。


日時 :4月21日(日)、18時~20時 ※日曜日です。
場所 :弥右衛門ふれあいセンター

勉強内容:
国際交流課 交流員郭さんを講師に招いてのディスカッション・交流

勉強会資料:添付参照(印刷して持参してください)

以上よろしくお願いいたします。

一圓 清香



高知城の猪の目(ハートマーク)

今、お寺や神社で猪の目(ハートマーク)の窓などがインスタで話題になっています。
今日、アメリカからのご夫婦をご案内した際、少し高知城の猪の目をチェックしてみました。
猪の目とは、古来(奈良時代)から用いられ、猪の目の文様で、目力により魔除けの役割があります。
また、招福の意味もあり、とにかく縁起がいいとされる文様です。

まずは、追手門です。高知城の特徴の一つは追手門の補強に銅が使われている点です。
鉄が一般的ですが、追手門に銅が使われているのは、高知城だけのようです。
理由は、本来は熱に強い鉄が使われるのですが、装飾がしやすく、見た目が優美な銅を使用したところに、山内一豊公の美意識の高さを感じます。(創建当初は美しく輝いていたでしょうね)
DSCF3001_convert_20190414174645.jpg

これも、追手門です
DSCF3002_convert_20190414174707.jpg

意外にも、本丸入口の廊下門にもありました。(これは鉄です)
DSCF3003_convert_20190414174731.jpg

本丸御殿の玄関の鬼瓦です
DSCF3004_convert_20190414174759.jpg

天守一階の展示1
DSCF3005_convert_20190414174822.jpg

天守一階の展示2
DSCF3006_convert_20190414174908.jpg

他にも、黒鉄門などにもあります。少し視点を変えてみてみれば、面白いと思います。
アメリカ人の方も日本がこんなにハートフルな国だとは知らなかったと感心していました。

BY M井

クリケット通信が届きました。

facebook icon
 
twitter icon
 
クリケット通信
 

2019年4月10日号

 
Featured images

春うらら、ぽかぽか陽気。
気持ちよさそうに日向ぼっこする猫たちに
目で癒されて、心がうららかになる4月の一日。

 クリケットからのご案内 
product image

季刊高知72号 [2019 Spring]

特集:特別編集長

「土佐かつお」の高知回遊!

ジャイアントインタビュー

高知が生んだ演歌の星
三山ひろしさん

 

<季刊高知 楽屋ばなし2> 
高知の素敵な、大人の女性、 
前田幸来さん 

4月15日(月)午前10時45分頃から11時前まで放送のRKCラジオ「週刊・季刊高知」のゲストで登場してくれる予定です。将来有望な若手画家の彼女から、どんな話が聞けるでしょうか?楽しみです。

product image
 Information 

ゴトゴトシネマ第44弾
「バジュランギおじさんと、小さな迷子」

インド映画史上、世界興収歴代No.3の作品を、ゴトゴトシネマ初の1週間連続上映にて公開します。 
インドで迷子になってしまったパキスタン人の女の子をお母さんの元に返すまでの、実直なおじさん・バジュランギの奮闘を描いた一大感動作。これは必見です! 
※詳細はゴトゴトシネマHP(http://gotogoto.jimdo.com/)をご覧ください。

日程4月15日(月)~21日(日)
時間10:20~、14:00~、17:40~(開場はそれぞれの20分前)
会場喫茶メフィストフェレス2Fシアター
料金前売・予約1300円、当日1500円
※前売り券販売所:高新プレイガイド、県立美術館ミュージアムショップ、金高堂書店本店、県民文化ホール
※下記メール・お電話でも前売り料金(当日精算)で、ご予約いただけます。
問合せboogieboogie4@gmail.com
090-9803-9984(前田)
 

特選呉服いしはら
日本絣紀行・土佐紙布発表会

「特選呉服いしはら」で、絣の織物を集めた発表会が行われます。1点1点、職人の手で作られた貴重な選りすぐりの品が揃います。 同時開催の「土佐和紙布発表会」にも注目!いしはらプロデュースの、横糸に土佐和紙の糸を使用した土佐紙布の帯たち。土佐和紙ならではの優しい風合いを、ぜひ、ご堪能ください。

日程4月18日(木)~21日(日)
※期間中無休
時間10:00~18:00
会場いしはら本店
住所高知市南はりまや町1-16-5
料金無料
問合せ特選呉服いしはら
088-880-0047
 電子書籍化プロジェクト担当者たちの Think&Actionなう。 

趣のある町

   こんにちは、スタッフの徳弘です。3月末頃から少しずつ桜も咲き始め、近頃はお花見をしている人を沢山見かけることが多くなってきました。毎年この時期になると、カメラを持って桜を撮りに行くことが恒例になってきた僕ですが、今年は佐川町にある牧野公園に出向きました。 
 今まで佐川町に訪れたり、町のことを知る機会がなかったのですが、仕事を通じて時代を感じさせられる町並みや、歴史、春になると綺麗に桜が咲き、とても素敵な町だと知りました。そこで今年は佐川町で桜を撮ることに決めました! 
 当日のお天気は陽が出たり、雨が降ったりと不安定で、うまく写真を撮ることができるかなと不安でした。掲載している写真は、雨が止むのを待ってやっと撮れたお気に入りの一枚です(笑) 
 夜になるとぼんぼりがライトアップされ、町並みや牧野公園から見るピンク色の明るいお昼の光景とはまた違って、情緒あふれる印象でした。牧野公園の近くには、旧浜口邸や青山文庫庫舎、酒造の町でもある佐川町は司牡丹の発祥地でもあり、白く塗られている白壁の酒蔵を見ることもできます。 
   高知県には魅力的なスポットや歴史が数多くありますが、自分が実際に出向いた先で見て、触れて感じたことや、撮った写真等、これから沢山の人に伝えることができたら良いなと思いました!

product image
 ブロディよしひろエッセイ コウチニコイー119 

三山ひろしさんの「ビタミンボイス」

   季刊高知72号のジャイアント・インタビューは高知出身の演歌歌手、三山ひろしさん。ジャイアント・インタビューとしては最長の6ページに渡るものとなりました。演歌との出会い。就職か歌手の道へ進むか?その中での挫折。 もう一度演歌歌手を目指して上京したこと。松前ひろ子さん、中村典正さんという二人の師匠が教えてくれたこと。デビュー曲への想いとキャンペーン。紅白歌合戦。新曲「望郷山河」とカップリング曲「ひろしの故郷自慢ぜよ」にまつわる話…など、いろいろな意味で三山ワールドが満載の内容です!御大、北島三郎さんの話もでてきます。 
 今や高知を代表する歌手となった三山さん。今日も「ビタミンボイス」で全国の人々を癒しているのだろうと思います。 
 ちなみに、三山さんの新曲「望郷山河」直筆サイン入りCDが読者プレゼントになっています。是非、ご応募ください!

product image
 
 季刊高知バックナンバー 
product image

季刊高知71号 [2018-2019 Winter]

特集:高知の食物語13

地域に輝く、こだわりの名店

ジャイアントインタビュー

国際ジャーナリスト・タレント・DJ・ミュージシャン・ラジオパーソナリティ
モーリー・ロバートソンさん

 
product image

季刊高知70号 [2018 Autumn]

特集:愛情と技、土地のチカラがあふれる

高知、新しいお酒

ジャイアントインタビュー

プロレスラー鷹木信悟選手

 
product image

季刊高知69号 [2018 Summer]

特集:高知じまん宿9

大自然に包まれる旅

ジャイアントインタビュー

ダービージョッキー 福永祐一騎手

 
 

年間購読のご案内

「季刊高知」の年間購読は、送料無料でお届けします。

 

REGULAR INFO

RKCラジオと季刊高知のコラボ企画、「週刊・季刊高知」は、毎週月曜午前10時45分ごろからの生放送です!
RKCパーソナリティ井津葉子さんと編集長、ゲストの方とのかけあいをぜひお楽しみください。
次回のゲストも素敵な方です。どうぞお楽しみに!

また、Facebookページ「季刊高知編集部」では、何気ない日々の近況をつぶやきながら活動中です。お気軽にコンタクトください!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
次回のメルマガ配信は4月25日頃です。お楽しみに!

 

季刊高知編集部一同

 

株式会社クリケット/季刊高知編集部 
高知県高知市鴨部1476-11 ロイヤルハイツ102

facebook icon
 
twitter icon


4月英語部土曜勉強会の予定

いつもありがとうございます。
4月英語部土曜勉強会の予定をお送りします。

<4月13日>
 場所:KIA(高知県国際交流協会)研修室
 10:00-11:30 Kemperさんのクラス 「明日から使えるガイド英語」
       ※ガイドテキスト持参。
 11:40-13:00 役員会

<4月20日>
 場所: KIA(高知県国際交流協会)研修室  
 10:00-12:00  時事英語「世界を予見する11」  
  
<4月27日>
 場所:市民活動サポートセンター(鷹匠庁舎2階)
 10:00-12:00  はりまや橋周辺 観光場所の英語ガイド作成とガイド練習
  
それぞれの勉強会の詳細や使用するテキストなどは別途配信します

では、勉強会でお会いしましょう。


【決定】4月5月お城当番

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

クリケット通信が届きました。


facebook icon
 
twitter icon
 
クリケット通信
 

2019年3月25日号

 
Featured images

 特集記事には豪華特別編集長を、
ジャイアントインタビューには高知が誇るスターを、
お迎えしての豪華版にて
「季刊高知」72号が、本日発売されます。ぜひ、ご覧ください。

 クリケットからのご案内 
product image

季刊高知72号 [2019 Spring]

特集:特別編集長

「土佐かつお」の高知回遊!

ジャイアントインタビュー

高知が生んだ演歌の星
三山ひろしさん

 

<季刊高知 楽屋ばなし1> 
王道プロレスを進化させる男 
秋山準インタビュー(全日本プロレス) 

 秋山準が率いる全日本プロレスは、大型選手同士がぶつかり合う、ド迫力のエンターテインメントと、闘いがあります。社長であり現役プロレスラーとして活躍する秋山準さんにじっくりと話を聞きました。この話は後日、エッセイで詳しく書きます。四国の興行は、6月1日(土)愛媛県西条市総合体育館で行われます。

product image
 Information 

タイケヒデミ原画展


季刊高知連載でお馴染みのタイケヒデミ氏が「独走癌」原画展を開催中です。会場は昨年の暮れにオープンした、高知市御座・卸団地にある蔦屋書店です。 
新作として、単行本未収録作品である四コマ漫画「卸団地」が、窓のところに展示されているのですが、卸団地そのものが作品に!ぜひ皆さま、足をお運びください。

日時~4/4(木)まで
会場高知 蔦屋書店
問合せ高知 蔦屋書店
088-882-5544
 

~世界の音楽と料理を楽しむ夕べ~

世界の音楽と料理を一度に楽しめる人気プログラム「World Music Night」の第30回公演が開催されます。メインアクトはデンマークからトラッドな北欧音楽を演奏するSunday Karma。フードブースも多数出店するほか、来場者全員に記念品と1ドリンクをプレゼント。是非参加したいイベントです。

日時4月6日(土)18:00開場 19:00開演
会場高知市文化プラザかるぽーと小ホール
料金全席自由 前売2,500円 当日3,000円
主催国際的な音楽交流を中心に高知を楽しくするプロジェクト
高知市文化プラザ共同企業体
問合せ090-6488-8401(吉田)
 電子書籍化プロジェクト担当者たちの Think&Actionなう。 

有意義な時間


 こんにちは、スタッフの徳弘です。二月から三月にかけて、社内では季刊高知72号の発行をはじめ、県観光パンフレット、その他印刷物等の制作や取材で慌ただしい季刊高知編集部です。 
 僕自身、クリケットに入社してから三カ月が経とうとしていますが、日々楽しく、充実した気持ちでお仕事をさせてもらっています。コラムを読んでくださっている皆さんは、充実した毎日を送れていますか?現状に刺激が足りないとか、毎日仕事だけで一日が終わっていくという方には、短い時間でも何か没頭できるものがあれば、少しは実のある生活を送れるんじゃないかなと僕は思います。 
 皆さんお仕事、学業等でお忙しいとは思いますが、一日の僅かな時間を何かに熱中できる時間に当ててみませんか。たまには何もしない日があっても良いと思います。僕の例えは参考にならないかもしれませんが、仕事終わりの日は読書や散歩、お休みの日には、写真を撮る事が好きで気になったスポットにお出かけしたり、体の疲れを癒しに温泉に行ったり、友人とお酒を飲んだりと色々なことをしています。最近は家でできる簡単な筋力トレーニングを始めました!(笑)余談ですが、体重が5キロ程増えた為。。。 
 環境が変わったりと様々な変化が訪れる時期ですが、何かを始めるにもピッタリなシーズンだと思うので、夢中になれるものや、ちょっとした趣味みたいなものを探してみてはいかがでしょうか?そこから何か新しく発見できることがあるかもしれませんね!

 ブロディよしひろエッセイ コウチニコイー118 

とれとれ♪ピチピチ♪土佐かつおさん。


 季刊高知72号の特別編集長は、高知の地元タレントであり、誰からも愛されるキャラクター、とれとれ♪ピチピチ♪「土佐かつお」さんです。巻頭からセンター、後半と、自然、飲食店、職人、カフェ、ファッション、エリア、イベントなど、かつおさんが気になるモノ・コト・ヒトを回遊しました。1冊まるごと土佐かつおさん号です。 
 取材先では一般の方からよく声がかかり、かつおさんの人気ぶりがうかがえました。また移動中は吉本芸人時代の話を中心に、いろいろと話を聞かせていただき、それはある意味宝物のような時間でした。 
 RKCラジオ「週刊・季刊高知」では、3月25日(月)、4月2日(月)と2週連続でかつおさんが出演予定です。ここでもきっと取材のうら話が聞けると思います。「季刊高知」を手にしながら放送を聞けば、もっと楽しい時間になるのではないかと思います。ご期待ください。

 
 
 季刊高知バックナンバー 
product image

季刊高知71号 [2018-2019 Winter]

特集:高知の食物語13

地域に輝く、こだわりの名店

ジャイアントインタビュー

国際ジャーナリスト・タレント・DJ・ミュージシャン・ラジオパーソナリティ
モーリー・ロバートソンさん

 
product image

季刊高知70号 [2018 Autumn]

特集:愛情と技、土地のチカラがあふれる

高知、新しいお酒

ジャイアントインタビュー

プロレスラー鷹木信悟選手

 
product image

季刊高知69号 [2018 Summer]

特集:高知じまん宿9

大自然に包まれる旅

ジャイアントインタビュー

ダービージョッキー 福永祐一騎手

 
 

年間購読のご案内

「季刊高知」の年間購読は、送料無料でお届けします。

 

REGULAR INFO

RKCラジオと季刊高知のコラボ企画、「週刊・季刊高知」は、毎週月曜午前10時45分ごろからの生放送です!
RKCパーソナリティ井津葉子さんと編集長、ゲストの方とのかけあいをぜひお楽しみください。
次回のゲストも素敵な方です。どうぞお楽しみに!

また、Facebookページ「季刊高知編集部」では、何気ない日々の近況をつぶやきながら活動中です。お気軽にコンタクトください!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
次回のメルマガ配信は4月10日頃です。お楽しみに!

 

季刊高知編集部一同

 

株式会社クリケット/季刊高知編集部 
高知県高知市鴨部1476-11 ロイヤルハイツ102

facebook icon
 
twitter icon


お城と電車

土曜勉強会会場の近くからお城と電車を撮る
スポットがあるのは前から気づいていました。
しかし何時でも撮れると思うと、なかなか実行できないでいましたが、
先日、やっと試し撮りをしてみました。
高知城+路面電車02小

次からつぎへと、色んな種類の車両が来ます。
天守下の桜がもうすぐ満開になるので、
もう一度撮りに行きたいと思います。
イチョウが黄色くなる頃もいいかも。
高知城+路面電車04小

K藤


facebookもチェック
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アルバム
FC2カウンター
最新記事
今日の天気
最新コメント
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
リンク