FC2ブログ

クリケット通信が届きました


facebook icon
 
twitter icon
 
クリケット通信
 

2018年4月25日号

 
Featured images

クリケット通信100回達成記念!
これを機に、情報が見やすいデザインにリニューアルいたしました。
今後は、季刊高知本誌には書かれていない取材エピソードや、レギュラーで執筆くださっている方々の素顔、マル秘情報など、皆さまにより楽しんでいただける内容を予定しています。どうぞご期待ください。

 クリケットからのご案内 
product image

季刊高知68号 [2018 Spring]

特集:特別編集長

ごはん、食べん?そこから始まった。

池田あけみの「めしのとも」

ジャイアントインタビュー

墨絵アーティスト 茂本ヒデキチさん

 

今回のジャイアントインタビューは 、久保田利伸氏のCDジャケットやナイキアメリカのTシャツイラストなどを手がける注目の墨絵アーティスト、茂本ヒデキチさんが登場!彼の人間味あふれるインタビューになりました。

product image
 Information 

RKC高知放送開局65周年記念
アートたけし展

世界の「キタノ」とも呼ばれるビートたけしのアート作品を通覧する展覧会「アートたけし展」が開催されます。本展では、天才たけしの最も素に近い「絵画・版画」を中心に約100点を展示。彼の脳内にひらめいた様々な景色をのぞき見ることができます。

※詳細についてはアートたけし展公式HPをご覧ください。

日程 ~5月27日
時間9:00~17:00
(最終入館は16:30)
料金前売り 1,000円
当日 1,200円
会場高知県立美術館県民ギャラリー
問合せ 高知新聞企業事業企画部
088-825-4328
(平日9:30~17:30)
 

ダイモンナオ個展
「4月と5月と」

2014~2015年には、高知新聞フリーペーパー「K+」にて、巻頭エッセイの連載。さまざまな印刷物で活躍中のイラストレーター、ダイモンナオさんの個展が開催されます。植物や動物、風景など、季節を感じさせるおしゃれなイラストの数々を、ぜひご覧ください。
また、お茶とギャラリー1188にて、「布ぞうり+絵 yukko+ダイモンナオ」が4月27日から5月7日に開催されます。こちらもあわせてどうぞ。

※詳細については高知こどもの図書館HPをご覧ください。

日程 4月27日~5月9日
時間10:00~18:00
休館火・木曜
料金無料
会場高知こどもの図書館
2F あとりえほん
問合せ 高知こどもの図書館
088-820-8250
 電子書籍化プロジェクト担当者たちの Think&Actionなう。 

夢中になれる体験~陶芸編~

 クリケットスタッフMです。
 先日、安芸市にある【内原野陶芸館】で手びねりを初体験してきました。この日の先生は西邨出さん。ご存知の方も多いと思いますが、日本伝統工芸展や高知県展などで入賞・入選している「土佐の匠」です。先生の指導は楽しくて分かりやすくて、自分の芸術的センスを勘違いさせてくれます(笑)。「めちゃめちゃ夢中になってるじゃないですか!?」。思わず、カメラマンからつっこみが入りました。 
 この日の取材記事は、≪ハーティカード加盟店がつくる地域情報誌Good Hearty Vol.6≫に掲載されています。ぜひご覧くださいね。
※ハーティカード加盟店等にて無料配布中。 詳細はコチラをご覧ください。 
 今週末からゴールデンウィークに突入!家族や友人と一緒に、陶芸体験はいかがですか?【内原野陶芸館】は、4月29日(土)から5月7日(日) は無休で営業しています。

product image
 ブロディよしひろエッセイ コウチニコイー100 

特別編集長、池田あけみさん。

 メルマガをリニューアルするため準備をしていましたが、(年度末の忙しさもあり…)発行がノビノビとなっていました。そして、やっとお届けすることができます。これから毎月10日、25日の発行を続けていきますので、引き続き、よろしくお願いします。
 その間、「季刊高知68号」が発行となっています。今回の特別編集長は、コピーライターの池田あけみさんにお願いしました。タイトルは、ごはん、食べん?そこから始まった。池田あけみの「めしのとも」高知でクリエイターの仕事をしている人なら誰でも知っているし、高知新聞でも「新聞を読んで」で月に1度程度連載をしているので、一般の人も馴染みがあると思います。
 池田さんがピックアップしたのはフードプロデューサーの大原一郎さん、野菜ソムリエ上級プロの斉藤香織さん、ファシリテーターの畠中智子さん、ゲストハウス・シェアハウス・カフェLuLuLuの元吉太郎さん、土佐町町長の和田守也さんの5人です。池田さんらしいテンポの良い文章で、取材者の活動に切り込んでいます。本当にたくさんの時間を割いて取材しても、誌面にまとめる原稿には限りがあるので、もっと描きたかったんじゃないかな?と想像しました。 
 池田さんの後を受けた69号の取材や原稿、早くもプレッシャーを感じています。さて、それを乗り切るために、今から準備を始めていきます。
                               

product image
facebookもチェック
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アルバム
FC2カウンター
最新記事
今日の天気
最新コメント
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
リンク