バルチック艦隊を破った、日本海軍の至宝 「島村 速雄」


司馬遼太郎先生の「坂の上の雲」では、東郷平八郎司令長官のもと、主に、秋山真之参謀の活躍により、バルチック艦隊を撃破したと描かれています。
その、秋山中佐(当時)の上官だった、高知出身の島村少将(当時)「後に海軍大将、死後、元帥の称号」のことはあまり知られていないようです。

島村速雄

島村速雄元帥は、1858年土佐藩士、島村五平の五男として、高知市西町(上町の池澤から北に少し行った、現、見元クリニック付近)に生まれ、海南学校(現小津高校)を経、海軍兵学校を首席卒業し、明治27年~28年の日清戦争では、艦隊参謀として活躍し、明治37年~38年の日露戦争では、参謀長として手腕を発揮しました。(黄海の海戦までは、旗艦「三笠」で、連合艦隊の参謀長、日本海海戦では第2艦隊の司令官)
日露戦争の勝因は、世界3大海戦の一つ(1571年レパントの海戦、1805年トラファルガーの海戦)にあげられている日本海海戦によって日本はロシアのバルチック艦隊を完全に撃破したことによります。(他には、明石元二郎大佐のスパイ工作により、レーニンに革命を起こさせたことや、日英同盟による米英の金融、情報の支援もあります。)
この際、バルチック艦隊が、東シナ海を通り対馬沖に来るか、太平洋を通り津軽沖に来るかにより、どこで迎え撃つかの議論になりました。
秋山真之参謀らは、津軽沖を唱え大勢が傾きかけていたところ、遅れて会議に参加した、島村司令官が対馬沖に必ず来ると東郷司令長官に進言したことにより、対馬沖でバルチック艦隊を撃破することが出来ました。
もし、津軽沖で待ち受けた場合、バルチック艦隊はウラジオストックに逃げ込んだ可能性が高く、総トン数が日本の2倍のロシア艦隊に敗れる可能性が高まり、その結果、制海権を失えば、日本はロシアの植民地となっていたとも考えられます。
島村速雄元帥は手柄をすべて部下に与えたことから、その功績があまり知られることが無かったと考えられます。
4月28日の土曜勉強会では、島村速雄元帥と日本海海戦及び高知から南米に渡った移民についてプレゼンさせていただく予定です。

島村速雄邸跡(ここには、何の案内版もなく、残念です。)
1523788567593.jpg

もっと高知を知ろう会(メンバー募集中)
BY M井


facebookもチェック
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アルバム
FC2カウンター
最新記事
今日の天気
最新コメント
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
リンク