クリケット通信がとどきました

  

季刊高知

Facebook

クリケット通信

20171125

写真提供:中島健蔵

 

秋が深まり、木々も濃く色づきました。紅葉狩りの季節、「狩り」には植物を観賞する、採集するという意味があるそうです。晩秋の楽しみをもう少し、味わいたいですね。

 

クリケットからのご案内

「季刊高知」66号のご紹介

阿川佐和子さん

今回のジャイアントインタビューは、作家・エッセイストの阿川佐和子さんです。
小説家、エッセイスト、インタビュアーなど、さまざまなジャンルで活躍する阿川佐和子さん。近年は2012年「聞く力心をひらく35のヒント」が100万部を超すミリオンセラーになり、2014年菊池寛賞を受賞するなど、その勢いは止まりません。そんな誰もが話を聞きたいと思う阿川さんにインタビューしました。どうぞお楽しみください。

 

Information

                 

小笠原まき2018年カレンダー展

小笠原まき2018年カレンダー展
~ファミリー~


2018
年のカレンダーの絵は
今年一年、私が感じた様々なこと
自分の心の中に輝く地球があったことや、
全ての人と繋がっていることなどを
絵にしてみました。

ホスピタルアートも多数手掛けている、高知市在住のイラストレーター・小笠原まきさんのカレンダー展が開催されます。心癒される作品たちを、どうぞご覧ください。

日程:

122日~9

時間:

10301930

 

1800まで作者在廊)

場所:

アトラクト・ラルゴ

2F ラルゴ・ギャラリー

住所:

高知市南久保10-28

問合せ:

アトラクト・ラルゴ

088-880-9877

「Good Hearty」vol.5発行!

Good Heartyvol.5発行


ハーティカード加盟店がつくる地域情報誌「Good Heartyvol.5が発行されました!
今号のテーマは「高知の花・癒しROAD」。
私たちの暮らしに癒しの時間・空間をプレゼントしてくれるアイテムや、簡単に美味しくつくれるレシピなど、充実の情報満載です。また、巻末にはお得なクーポン券がたっぷりついていますので、ぜひ、上手に活用してくださいね。

Good Hearty」は、TAKE FREE
サニーマート、マルニ、ドコモショップなど、ハーティカード加盟店で入手できます。
加盟店詳細はハーティカードHPをご覧ください。

問合せ:

ブルーチップ株式会社

 

ハーティカードセンター

0120-28-9181

     

 

電子書籍化プロジェクト担当者たちの
ThinkActionなう。


 こんにちは、名古屋出身スタッフのHです。名古屋はご存知の通り、モーニングで有名で喫茶店の数も多いのですが、高知県は人口当たりの喫茶店の数が日本一!高知に来るまではそんなイメージがなかったのですが、住んでみると、たしかに喫茶店をあちこちで見かけます。しかし、ぼくはただ数が多いだけでなく、いろんなジャンルのお店があるなあと感じています。今日はぼくが見つけた個性的な高知の喫茶店・カフェをご紹介します。
 まず、静かで落ち着く空間のお店は、土居邸。気さくなおんちゃんが切り盛りする古民家カフェで、一見お店に見えない古民家の入口から中へ入ると、立派な装飾の欄間があり、縁側からは小さくもお手入れの行き届いたお庭を眺めることができます。畳の上に座り、ゆったりとした時間を過ごすことができます。
 次に、おしゃれで今時なお店は、芋屋金次郎卸団地店のカフェ。芋屋金次郎さんならではの多彩な芋スイーツはもちろんのこと、コーヒーも産地にこだわったサードウェーブコーヒーを異なる抽出方法で飲むことができます。モダンな空間の中で、美味しいスイーツとコーヒーを楽しむことができます。
 最後に、おもしろい変わり種のお店は、バンブー茶館。中国茶専門の喫茶店で、オーナー自ら仕入れる中国茶を本格的な茶器で淹れて飲むことができます。中国の茶店にいるような、くつろぎの異空間に浸ることができます。
 その他にもランチに近所の喫茶店に行ったりしていますが、お店がバラエティに富んでいるので、その時の気分などで高知の喫茶店・カフェを楽しんでいます。これから寒くなる季節、お店の中でのんびりと過ごすのもいいなあと思っています。

 

ブロディよしひろエッセイ
コウチニコイー95

復刊50号目のレター。

ブロディよしひろエッセイ「コウチニコイー095のイメージ


 現在、季刊高知67号を制作中で、年末恒例「高知の食物語」の取材先を求めて、夜な夜な下見、取材(普通に表現すれば飲み食い)をしています。1129日は健康診断日ですが、ちょっと胃がムカムカで、体重が心配になりました。
 前期「季刊高知」は17号で休刊し、10年後に18号を再開。今号で復刊50号です!よくぞここまで続いたものだと、心の中でウルウルしています。これも読者の方が本を購入してくれるお蔭ですし、委託販売してくれる書店、スポンサーとして定期的に広告出稿してくれるお店等、そして読者をひきつける内容を毎号提供してくれる多くの執筆者、弘文印刷、イラストレーター、カメラマン、弊社スタッフら皆さんに支えられての結果です。
 1年に4号しか出版できない冊子ですが、体力と気力とお金(経済的なことです)が続く限りと思っています。そして1号、1号、丁寧な本作りをしていきたいです。
 67号は食情報やインタビューなど読み応えタップリ!ちょっとだけカラーページ増で準備しています。さぁこれから追い込み、体重増に気をつけて乗り切ります。

 

12月の韓国語部勉強会の日程をお知らせします。

龍馬の生まれたまち記念館で行います。
12月16日(土) 2階和室B 14時~16時   
12月23日(土) 2階和室B 14時~16時

龍馬の生まれたまち記念館は、13時より入室可能です。
尚、龍馬の生まれたまち記念館は、ふれあいセンターを利用しております。
ふれあいセンター利用の場合、19時までは駐車場を利用できません。
お車でお越しの方は、恐れ入りますが、近隣の駐車場をご利用くださいますようにお願い致します。

小梶陽一郎

小村神社秋大祭

小村神社秋大祭にTamaeさんと行ってきました。

お目当てはもちろん、 国宝の「金銅荘環頭大刀 」です。 
小村神社のご神体なので、11月15日の秋大祭の日しか見られません。

DSC_0209 (640x360)

9:35分高知駅発のJRで小村神社前で下車(約50分)
運賃 260円

DSC_0192 (640x360)
一緒に列車を降りた人達。 刀剣女子なる人達であろうか?
高知はもっとアピールが必要ではないか。

DSC_0193 (640x360)
千本杉の参道

DSC_0203.jpg
神事が終わり「おなばれ」は車で行きます。

DSC_0210 (640x360)

オムライス街道の日高に来たのでお昼はやはり、オムライスを食べに行きました。
日下駅の近くの「わのわ」まで歩いたせいではないと思いますが、おいしくいただきました。
(でも、歩道なしの国道なので歩くのはちょっと危険でした。
時刻表を見てJRで行った方が良いかも。帰りはもちろんJRにしました。

ちなみに小村神社近くにも「マンマ亭」「大阪なにわ道頓堀たこやき」でオムライスが食べられます。
最近はナポリタンを食べてもスタンプを押してもらえるらしい。

DSC_0218 (640x360)
これから神社の隣にある「御旅所」へ向かいます。

DSC_0220 (640x360)
御旅所へは歩いて行きます。

DSC_0223.jpg

御旅所では神事と女の子たちの「浦安の舞」が奉納されました。

karilyn

土曜勉強会12月の予定

_DSC3041-2 (800x534)

12月の土曜勉強会の予定をお知らせします。

12月9日・第2土曜日 
 場所:市民活動サポートセンター(鷹匠庁舎2階)
 10:00-11:30 Kemper さんのクラス
 11:40-   役員会
   
12月16日・第3土曜日
 場所:高知国際交流協会KIA(丸の内ビル2階)
 10:00~12:00 松岡(良)さんによるプレゼンテーション
        お城紹介パンフから抜粋した日英文対照(数例)

詳細については別途配信します。

水曜勉強会12月の予定

_DSC5683-2 (800x533)

12月 英語部水曜勉強会の予定

12月6日 TJさん

12月13日 自習勉強会 日本史、他

12月20日 Naomiさん

各日、共にKIA2階会議室

10時より12時まで

詳細は、勉強会予定日の前日までに、メールにてお知らせ致します。

年の瀬となり、何かと気ぜわしい事と思いますが、

お体に気を付けて、皆様のご出席お待ちしております。

英語水曜日勉強会

レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展

つい、最近、レオナルド・ダ・ヴィンチ作の「救世主」が史上最高額の510億円で落札されたことがニュースとなりました。

今、愛媛県美術館で表題の展覧会が開催されていましたので、行ってまいりました。

ダビンチ1 (440x640)

この絵のモチーフは、1440年6月、イタリアのトスカーナ地方にあるアンギアーリ村で、フィレンツエ共和国とミラノ公国と戦いにフィレンツエ軍が勝利したものです。

これを、記念し、現ヴェッキオ宮殿の「5百人広場」の壁画として、レオナルド・ダ・ヴィンチに依頼したものです。

その向かい側にはミケランジェロの「カッシーナの戦い」が描かれる予定でした。

ただ、2大巨匠の壁画は完成せず、別の絵画に塗り替えられました。

その、原画の一部とされる、ダ・ヴィンチ本人の作の可能性のある、表題の絵画やダ・ヴィンチ工房による絵画など、見ごたえがありました。

ダビンチ2-001 (466x640)

同時に、ダ・ヴィンチの万能の天才ぶりを紹介する、展示もあり、

「飛行機、ロケット、蒸気機関、戦車など」現在につながる技術の設計図と模型も展示されており、

絵画は、彼の才能のほんの一部に過ぎないと考えさせられました。

これは、全国巡回展で、四国では松山だけです。12月24日までですので、ご紹介させていただきました。

BY M井

【決定】12月~2018年1月日曜お城当番

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

高知県立美術館便り

 「Dance Archive Project 4都市巡回公演

 日時: 2017129日(土)

会場: 高知県立美術館ホール

上演作品:

A 開演14:30(終演16:30) 川口隆夫「大野一雄について」(110分)

B 開演17:30(終演19:00) 岡登志子「手術室より」(20分)、大野慶人「花と鳥」(60分)

 rabbit[1]

料金: 全席自由・税込【2017111日(水)発売開始】

一般 3,000円  AプロBプロ通し券 5,500

学生 2,500円  AプロBプロ通し券 4,500

 

Aプログラム】

川口隆夫「大野一雄について」110分ドラマトゥルグ 飯名尚人

マルチメディアパフォーマンスの尖鋭、Dumb

Typeのパフォーマー川口隆夫のソロダンス作品。大野一雄の「ラ・アルヘンチーナ頌」「死海」「わたしのお母さん」の舞台記録映像の動きを「完全コピーする」という方法で再現し、「大野一雄」に独自のアプローチを試みた問題作。2013年初演。韓国、インドネシア、ベルギーを巡演。2016年は全米7都市をツアーし、絶賛された。

 onokazuo[1]

Bプログラム】

大野慶人ソロ「花と鳥」60分 演出・構成 大野慶人

土方巽が1985年「死海」初演にあたり大野慶人のために振り付けた三作品、大野一雄の「ラ・アルヘンチーナ頌」冒頭の「死と誕生」、大野慶人自身の「鳥」と「ウサギの踊り」の各シーンから構成される。途中、1960年に制作された細江英公監督、土方巽、大野慶人が出演する実験映画「へそと原爆」(14)を上映する。「舞踏」の頂点に位置する作品群のエッセンスを、大野慶人自身の体験として吐露するソロ作品。ドイツ、スペイン、ブラジル、中国等で上演、高い評価を受けた。

 
dancyakujpg[1]

【決定】12月 日曜日以外の お城当番

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

クリケット通信がとどきました

  

季刊高知

Facebook

クリケット通信

20171110

写真提供:中島健蔵

 

心の寒くなるニュースが多くなっても、
高知には「良心」という文字が散らばっています。

 

クリケットからのご案内

「季刊高知」66号のご紹介

阿川佐和子さん

今回のジャイアントインタビューは、作家・エッセイストの阿川佐和子さんです。
小説家、エッセイスト、インタビュアーなど、さまざまなジャンルで活躍する阿川佐和子さん。近年は2012年「聞く力心をひらく35のヒント」が100万部を超すミリオンセラーになり、2014年菊池寛賞を受賞するなど、その勢いは止まりません。そんな誰もが話を聞きたいと思う阿川さんにインタビューしました。どうぞお楽しみください。

 

Information

                 

酒と文学展~『土佐日記』から吉田類まで~

酒と文学展
~『土佐日記』から吉田類まで~


高知は『土佐日記』の昔より現在活躍中の酒場詩人・吉田類さんに至るまで酒を愛してきました。本展覧会では、日本酒に焦点を当て、高知の作家と酒の逸話や、酒にまつわる文学をご紹介します。酔いどれ文学と、酒を愛した作家たちの人生の味わいをお楽しみください。

詳細は、高知県立文学館HPをご覧ください。

日程:

1125日~2018114

休館:

1227日~11

時間:

9001700

 

(入館は1630まで)

料金:

500円(常設展含む)

 

高校生以下無料(身体障害者手帳等をお持ちの方とその介護者(1名)、高知県及び高知市長寿手帳をお持ちの方は無料)

場所:

高知県立文学館

2階企画展示室

住所:

高知市丸ノ内1-1-20

問合せ:

高知県立文学館

 電話

088-822-0231

「高知うろこの会」高知県自殺対策強化事業・講演会

「高知うろこの会」
高知県自殺対策強化事業・講演会


多重債務に関する相談を受付けている「高知うろこの会」創立10周年記念事業・第2弾。今回は、日弁連消費者問題対策委員会・委員長の宇都宮健児弁護士をお招きし、貸金業界の仕組みなど、貸金業法改正後の情勢についての講演が行われます。県民の意識向上と再確認の願いが込められた本講演に、ぜひ足をお運びください。

日程:

1123日(木・祝)

時間:

13301645

 

(開場1300~)

会場:

高知県人権啓発センター

 

6階ホール

住所:

高知市本町4丁目137

問合せ:

高知うろこの会

 電話

088-822-2539

     

ブロック大会の慰労会

ブロック大会の実行委員メンバーの皆さんで慰労会を行いました。
大会後の疲れから体調を崩されている方も何人かいたようで、
私もそうですが早く体調が戻る様お祈りいたします。
この場で、皆さんから発表して頂いた一言の反省の弁や、他県のSGGさんからのお褒めの言葉など
次回発行の広報誌のネタとして、改めて原稿にして頂ければ幸いです。m(__)m

DSC_0297_resize.jpg

DSC_0296_resize.jpg

広報部・ダイヤモンドクロス委員会
こかちゃん

韓国語部11月の勉強会日程について

11月の韓国語部勉強会の日程をお知らせします。

全て龍馬の生まれたまち記念館です。
11月11日(土) 2階和室B 14時~16時   
11月25日(土) 2階和室B 14時~16時

龍馬の生まれたまち記念館は、13時より入室可能です。
尚、龍馬の生まれたまち記念館は、ふれあいセンターを利用しております。
ふれあいセンター利用の場合、19時までは駐車場を利用できません。
お車でお越しの方は、恐れ入りますが、近隣の駐車場をご利用くださいますようにお願い致します。

小梶陽一郎

田内千鶴子さんの生誕碑建立20周年記念行事

10月31日に毎年の恒例行事である田内千鶴子さん生誕地での記念式典を見学しました。
この日は全羅南道から約100名の方がお見えになられ、いつになく盛大な式典となりました。
共生園で生活をしている子供たちによる合唱も行われました。
久しぶりに再会したオ・スヒョンさんとの記念写真を投稿します。

more...

【決定】11月 日曜日以外の お城当番

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

土曜勉強会11月の予定

_DSC0408-2 (640x427)

11月の土曜勉強会の予定をお送りします。

11月18日・第3土曜日
 場所:市民活動サポートセンター(鷹匠庁舎2階)
 10:00~12:00 会員によるプレゼンテーション
        四国遍路・高知編
 
10月25日・第4土曜日
 場所:市民活動サポートセンター(鷹匠庁舎2階)
 10:00-11:30 Kemper さんのクラス
     
 
詳細については別途配信します。

役員会については、日程が決まっていませんので、別途お知らせします。
facebookもチェック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アルバム
FC2カウンター
最新記事
今日の天気
最新コメント
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
リンク