クリケット通信が届きました

 



季刊高知

Facebook

クリケット通信

2017725日号

写真提供:中島健蔵

 

今週から大暑に入りました。子供たちは夏休みでしょうか。
暑さと共に活発に遊びまわる姿が目に浮かびます。

 

クリケットからのご案内

「季刊高知」65号のご紹介

渡部淳さん

今回のジャイアントインタビューは、高知県立高知城歴史博物館館長・渡部淳さんです。
ひとつ、ひとつに意味を持つ思想を持った博物館高知城歴史博物館が201734日に開館しました。その館長である渡部淳さんにインタビューしました。優しい笑顔の中にある深い言葉の数々に、偉大さを感じる時間でした。

 

Information

 

春風亭一之輔独演会

春風亭一之輔独演会
いちの其のいち


今年NHK「プロフェッショナル」に出演した注目の噺家、春風亭一之輔さん。今最もチケット入手が困難といわれている彼の独演会が高知県立県民文化ホールで行われます。落語好きな方も、そうでない方も、ぜひこの機会にご観覧ください。

詳細についてはコチラをご覧ください。

日程:

87

時間:

開場1830、開演1900

会場:

高知県立県民文化ホール

グリーンホール

料金:

前売り3,800円、当日4,300

問合せ:

テレビ高知 メディア事業部

088-880-1110

平岡望 メモリアル展

平岡望
メモリアル展


燦々と輝く太陽の下で
蚊と戯れながら汗を流す幸せ
夏は我々若者の季節!?
後のビールがたまんねー
皆さんも暑さに負けんように
2016.8.7 平岡望氏からのメール 原文まま)

4
18日、高知市横内の美術ギャラリー「星ヶ岡アートヴィレッヂ」のオーナー平岡望さんがお亡くなりになりました。謹んでご冥福をお祈りいたします。
芸術を愛し、高知県内外のさまざまな作家の展覧会を実施した彼のメモリアル展が、81日より開催されます。ぜひ足をお運びください。
※5
(土)には偲ぶ会が行われます。12時から21時までのご都合の良い時間に平服にてお越しください。     

日程:

81日~20

会期中無休

時間:

10001800

会場:

星ヶ岡アートヴィレッヂ

問合せ:

星ヶ岡アートヴィレッヂ

088-843-8572

     

 

株式会社クリケット/季刊高知編集部
高知県高知市鴨部1476-11  ロイヤルハイツ102

Copyright (C) CRICKET Co.ltd All Right Reserved.

8月の韓国語部勉強会の日程です。

8月の韓国語部勉強会の日程をお知らせします。

全て龍馬の生まれたまち記念館です。
8月5日(土) 2階和室B 14時~16時   
8月26日(土) 2階和室B 14時~16時

龍馬の生まれたまち記念館は、13時より入室可能です。
尚、龍馬の生まれたまち記念館は、ふれあいセンターを利用しております。
ふれあいセンター利用の場合、19時までは駐車場を利用できません。
お車でお越しの方は、恐れ入りますが、近隣の駐車場をご利用くださいますようにお願い致します。

【決定】8月 祝日・土曜日 お城当番

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

【決定】8月9月日曜お城当番

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

土曜勉強会8月の予定

DSC_6763-3 (800x533)

8月の土曜勉強会・役員会の予定をお送りします。

8月19日・第3土曜日 
 場所:市民活動サポートセンター(鷹匠庁舎2階)
 
 10:00~11:30 Kemper さんのクラス

 五台山・桂浜バスツアーの練習をします
 11:40~ 役員会(14:00まで予約済)

8月26日・第4土曜日
 場所:市民活動サポートセンター(鷹匠庁舎2階)
 
 10:00~12:00 会員によるプレゼンテーション
 「森林について」お話しいただきます。

詳細は追ってお知らせします。

土曜勉強会



水曜勉強会8月の予定

DSC_9287-2 (1) (800x533)

英語部 水曜勉強会8月の予定をお知らせします。

8月2日 車中案内、他についての勉強会

8月30日 沈下橋、仁淀川、他 についての勉強会

*共に KIA 2階 会議室にて 10時~12 時

 詳細は勉強会予定日の前日までに、メールにてお知らせ致します。

 猛暑が続いておりますが、お身体に気を付けて、ご出席お待ちしております。

水曜日英語勉強会

ダイヤモンド・クロッシング

高知の路面電車

1904年(明治37年5月2日)、全国で10番目、四国初の路面電車として(乗出(グランド通り)~堀詰)
間開通。(ちょうど、土佐藩の年中行事の「御駆初(おのりぞめ)」の一騎駆の区間800mです。

*堀詰より東は堀川があり、道が狭くなっていました。 
以後、東はごめん、西は伊野まで路線を延ばしました。

1928年(昭和3年)に高知駅前~潮江北間開通により、ほぼ現在の路面電車が完成しました。
1930年、別途、鉄道線として、後免~安芸線が開通しました。

日本初の路面電車は、1895(明治28年)2月1日、京都電気鉄道(七條~伏見)です。
東京は、高知より9か月前(品川~新橋)、横浜は高知より2か月後です。


高知の路面電車には3つの日本1があります。
1つめは、1904年(明治37年)に開業し、現在走る路面電車の歴史では最古です。
2つめは、25.3キロという軌道路線の全長が日本1であることです。
3つめは、清和学園前~一条橋間が63メートルという、電停間の距離としては、最短です。


※よく、はりまや橋の交差点で写真を撮っている人がいて気になっていました。
 お聞きすると、ここは路面電車ファンの垂涎のスポットだそうです。

※鉄道の線路が平面にクロスする場所をダイヤモンド・クロッシングと言います。
全国に数か所ありますが、垂直に交差するだけだそうです。

はりまや橋交差点の、ダイアモンド・クロッシングは3方向からは直進及び左折が可能。
また、高知駅方面からは直進、左折、右折が可能となっており、日本唯一です。
世界的にも極めて珍しい構造となっています。
気になって、土佐電気鉄道の本を購入すると、1928年(昭和3年)に東洋一のダイヤモンド・クロッシングを建設したと書いてありました。

 
DMC.png
DMC2

はりまや橋交差点の、歩道から見ると左から二本、右から一本、線路が曲がって
いるのがわかります。
実に、美しいと思って眺めていると、信号が赤になり、車に轢かれそうになりました。
普段、あまりに当たり前と思っていたことが、実はすごいと気付かされました。

他にも、今はチャーターのみですが、外国の電車も3台走っています。

D1.png

ポルトガルのリスボンで活躍した910号(1947年制作)


D2.png

ノルウェーのオスロで活躍した198号(1939年制作)




D3.png

オーストリアのグラーツで活躍した320号(1949年制作)

BY M井

いの町紙の博物館研修 Part 2

7月5日高知SGGの研修で、JT さん、Naomi さんを含む 総勢15,6人で伊野町、紙の博物館を訪れました。 

    「紙をすく 伊野は水辺の ふりし町」  茶雷 

 という、吉井源太の歌碑に迎えられ、エントランスで皆が揃うのを待ち、第1室から第4室まで学芸員さんの説明を
 聞きながら、会員が英語でJTさん、Naomi さんに説明し、OKかどうかをたしかめました。

img-museum01.jpg


  製紙という非常にてまひまのかかる工程をひとつひとつ手を抜かず、心を込めてやりとげていった過程を実感
 しました。八十八もの作業を経てはじめて米を収穫する、農耕民族である日本人にして初めて成し遂げられること
 だとおもいました。世界一薄くてかつ強く、耐久性のある典具帖紙が、吉井源太によって産み出されたのも、偶然
 ではなく必然であるとおもいます。

DSC_0091 (640x360)

   展示物のなかでは、百万陀羅尼のレプリカではない実物を目にして感激しました。1200年以上昔の紙と墨で
 書かれた経(陀羅尼)が薄れも傷みもせず、守られてきたという、一つの奇跡の証しです。

DSC_0092 (640x360)

 その他、紙漉きの実演や、歴史の説明展示、原料、材料、工夫された道具類の展示は一度では理解が十分いき
 わたらないので、ボランティアガイドとして案内するためには、何度も訪問したいと思いました。

DSC_0094 (640x360)

HM

待ち受けガイドで出会ったNHKアナウンサー

以前、高知SGGを取材しに来られていたNHKアナウンサーさんが韓国人の方を連れて
高知城に来ていました。その時に韓国語部の濱田さんが待ち受けをしていて一緒に同行
したとの報告が有りましたので、その時の写真をアップします。

more...

クリケット通信がとどきました

  

季刊高知

Facebook

クリケット通信

2017710日号

写真提供:中島健蔵

 

もうすぐ梅雨明け、夏本番。
カラッと晴れた夏空が待ち遠しいですね。

 

クリケットからのご案内

「季刊高知」65号のご紹介

渡部淳さん

今回のジャイアントインタビューは、高知県立高知城歴史博物館館長・渡部淳さんです。
ひとつ、ひとつに意味を持つ思想を持った博物館高知城歴史博物館が201734日に開館しました。その館長である渡部淳さんにインタビューしました。優しい笑顔の中にある深い言葉の数々に、偉大さを感じる時間でした。

 

Information

 

第67回高知市夏季大学

67回高知市夏季大学


67回高知市夏季大学が開催されます。
大政奉還から150年の節目に当たる今年、NHK大河ドラマ「龍馬伝」で演出を務めた映画監督の大友啓史さんが龍馬の魅力について熱く語るほか、著書『聞く力』がベストセラーとなった作家でエッセイストの阿川佐和子さん、車いすラグビー日本代表主将でリオデジャネイロパラリンピック銅メダリストの池透暢さんら多彩な顔ぶれとなっています。
この夏は「夏季大学」に参加して、充実したひとときを過ごしてみませんか。

料金、時間等の詳細についてはコチラをご覧ください。

日程:

718日~29

23日、24日は休講)

会場:

高知市文化プラザかるぽーと

大ホール

問合せ:

高知市文化振興事業団

088-883-5071

mamori 21号

mamori 21号 好評配布中


森林環境税情報誌「mamori(マモリ)」は、県民みんなが負担することで森林を守っていこうという「森林環境税」の主旨を理解し、森や山に関する関心を一層深めてもらうことを目的に作成した情報誌。
今号は、森林環境税の5つの柱から『守ろう!』『学ぼう!』をテーマに、甫喜ヶ峰森林公園でおこなわれたまもり野外授業の様子や、いの町でつくられる竹炭の大いなる可能性についてリポートしています。
ぜひご覧ください!ただいま、県庁・県民室、市町村役場、図書館、道の駅、量販店などで無料にて配布中です。

※20
号までのmamori(マモリ)バックナンバーはコチラでご覧いただけます。

 

電子書籍化プロジェクト担当者たちの
ThinkActionなう。


 こんにちは。高知に来て初めての梅雨。突然のスコール、晴れ間、どっと変わる天気に苦心しているスタッフのHです()
 さて、先日6月末日に土佐神社の大祓式、輪抜けさまに行ってきました。たまたま神社のポスターを見て知ったのですが、毎年この時期に行われるそうで、半年にわたって身についた災厄を清め、残り半年の無病息災を願い茅の輪(ちのわ)をくぐる神事です。
 早速行ってみると、老若男女国籍問わず、たくさんの人たちが来ていました。茅の輪をくぐり、屋台には行列ができていて、祭りの活気にあふれていました。久しぶりに祭りの賑わいに浸りました。
 また、境内ではフラダンスの奉納が催されていました。フラの起源は諸説ありますが、伝統的で神聖な踊りとして知られており、神社でフラダンスは一見新鮮ではありましたが、今の時代らしい国の枠を越えた神事に感慨深くなりました。
 今年も後半に入っていきます。前半を振り返り、リフレッシュして、来たる後半へ。新旧・内外垣根を越えて、良いなと思うものを取り入れていきたい、そんなことを感じた先週でした。

 

ブロディよしひろエッセイ
コウチニコイー86

消しゴムはんこづくりワークショップ

ブロディよしひろエッセイ「コウチニコイー086のイメージ


 つい先日の土曜日、もりたうつわ製作所の「海うみ展」に行ってきました。季刊高知でアートパーソンズ連載中のなかひらじゅんこさん、取材させていただいたことがある木工・針金作家の結城琴乃さんやはんこ作家のasakozirusiさん、仕事でお世話になっている写真家の前田実津さんなど、知り合いも多い展覧会でした。倉庫を改装した雰囲気のある素敵な会場と内容でした。717日まで開催中ですので、是非会場に足をお運びください。
 娘のアユはasakozirusiさんの「消しゴムはんこづくりワークショップ」に参加。彫刻刀を使い、下絵を描いた消しゴムをホリホリとします。つくろうとしているのは、かき氷のサクランボ付き。暑中見舞い用の内容になりました。
 この後家に帰って、家族ではんこづくり対決!です。皆であーだ、こーだと言いながら、それぞれの作品をつくりました。夏休み前ですが、一つの宿題ができたような気分でした。

 

 

 

紙の博物館研修

2017年7月5日(土)
高知県CIRのNAOMIさん、高知市CIRのTJさんと一緒に
いの町紙の博物館へ行って英語ガイドの研修を行いました。

DSC_0093 (640x360)
↑紙漉き体験をするTJさんとNaomiさん

11月5日の第2回SGGブロック大会・実地研修へ向けて着々と準備中で~す。

韓国語部7月勉強会日程の件です。

龍馬の生まれたまち記念館で行います。
7月8日(土) 2階和室B 14時~16時   
7月22日(土) 2階和室B 14時~16時

勉強会の内容は前回に引き続き、ガイド案内模擬練習と、

下記の動画サイトを利用した書き取りと聞き取りを行います。

https://www.youtube.com/watch?v=kIl7OyMSTFM

龍馬の生まれたまち記念館は、13時より入室可能です。
尚、龍馬の生まれたまち記念館は、ふれあいセンターを利用しております。
ふれあいセンター利用の場合、19時までは駐車場を利用できません。
お車でお越しの方は、恐れ入りますが、近隣の駐車場をご利用くださいますようにお願い致します。

小梶陽一郎
facebookもチェック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アルバム
FC2カウンター
最新記事
今日の天気
最新コメント
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
リンク